無光触媒エアピカ24消臭・抗菌 製品案内 Products

無光触媒エアピカ24消臭・抗菌は株式会社アレスの商標登録です。

エアピカ24について

2016年7月1日

消臭・抗菌剤を主に、機能性無光触媒リン酸チタニアの開発・製造を行っている大阪府藤井寺に本社を置く
株式会社YOOコーポレーションと継続的製品取引基本契約締結、消臭・抗菌の新しい市場創出を目指し新規事業開始

 

2017年3月10日

製造メーカー取引先との不当な競合を避けるため国内において自社の商標名で再販体制を構築するため特許庁に無光触媒

エアピカ24、指定商品名又は指定役務並びに商品及び役務区分、第1類 無光触媒、無光触媒を利用してなる工業用抗菌

剤、無光触媒を利用してなる工業用消臭剤、その他の無光触媒を利用してなる化学品で商標出願

【出願日:2017年3月10日 登録日:2018年3月30日 登録番号:第6030972 第6030973】

 

商標登録により、独自の販売体制を展開する事ができるようになる。

 

 

自社製品開発

2017年  8月 京都に本社を置く化粧品OEM製造工場とOEM製品製造委託

製品

①DIYコーティングスプレー 350ml

②詰替え用 350ml

③携帯用スプレー 50ml

2017年11月   一般財団法人 ボーケン品質評価機構品質評価試験実施

◆消臭性試験

  消臭性試験方法:(一般)繊維評価技術協議会 SEKマーク繊維製品認証基準

          21、消臭性試験(検知管法、ガスクロマトグラフ法)

  ガス初発濃度 :アンモニア   100ppm  減少率(%)94%

                                      酢酸        30ppm         92%

                                      イソ吉草酸  約  38ppm                             87%

      【試験試料】検知管法100c㎡、ガスクロマトグラフ法50c㎡

   【測定時間】2時間後

 

◆抗菌性試験

 【試験項目】抗菌性試験方法:JIS L 1902:2015 菌液吸収法

 【試験方法】生菌数の測定方法:混釈平板培養法、培養時間:18時間

       界面活性剤(Tween80)0.05%を添加した試験菌液を使用した。

 【試験菌株】大腸菌 Escherichia coli NBRC 3301 

   

    【試験結果】試験成立条件:増殖値≧1.0である事

       標準綿布 増殖値 3.1  

       エアピカ24 SRW−30 綿布 抗菌活性値 6,2

2020年6月17日 一般財団法人 日本塗料検査協会 西支部

F☆☆☆☆ ホルムアルデヒド放散量測定検査 不検出 密度 g/㎤ 0.998 20g/㎡ 試験板 アルミニュウム板

地方独立行政法人 大阪産業技術研究所 名義使用(広告等)承認

特許公報より抜粋

【発行国】日本国特許庁(JP)
【特許番号】特許第 3829640 号
【発明の名称】抗菌剤および防カビ剤ならびに抗菌または防カビ方法

 

【発明の属する技術分野】
本発明は、抗菌剤、消臭剤および防カビ剤ならびに抗菌、消臭または防カビ方法に関し、 とりわけ、環境や 人体に影響のない抗菌剤、消臭剤および防カビ剤ならびに抗菌、消臭ま たは防カビ方法に関する。

【従来の技術】
生活用品などに用いられる従来の抗菌剤、消臭剤、防カビ剤などでは、酸化チタンが一般 的に用いられていた。

しかしながら、一般に、酸化チタンを基材の上に担持させるために、シリコン系バインダ ー、有機質バインダ ーなどのバインダーが必要とされ、膜表面に均一に酸化チタンを担持しなければ活性が低く、かつ、活酸化チタ ンの触媒効果によるバインダーの損傷が生じる 。


また、洗濯によって容易に脱落しやすいという問題がある。


また、酸化チタンは、光(紫外線)の照射なしでは活性効果を発揮せず、したがって、暗 室では効果を発揮し ない。

これを解決する手段として、酸化チタンに、暗室でも効果を示 す銀や金を併用するという方法があるが、 環境問題や

人体への影響が懸念されている。

【発明が解決しようとする課題】
本発明は、環境にやさしく人体に影響を与えない抗菌 剤 お よび防カビ剤、ならびに抗 菌 ま たは防カビ方法 を提供することを目的とする。

本発明の抗菌剤、消臭剤および防カビ剤は、インテリア用品、衣料類、寝装品、身の回り品、日用品およびレジ ャー用品などに適用することができる。

本発明の抗菌剤、消臭剤および防カビ剤は、そのほかにも、水質浄化、金属、ガラス、プ ラスチックなどに用い ることもできる。 本発明の抗菌剤、消臭剤および防カビ剤は、従来の銀や金を使用した抗菌剤とは異なり、 環境にやさしく、また 人体に影響を及ぼさずに、生活環境に生存する有害菌の増殖をコー キングし、激減させることができる。

たとえ ば、大腸菌、黄色ブドウ球菌、大腸菌O15 7、メチシジン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、サルモネラ菌な どに有効である。さら に、本発明の抗菌剤、消臭剤および防カビ剤は、洗濯などによって効果が薄れることが少 ない。

【発明の効果】
本発明の抗菌剤、消臭剤および防カビ剤は、従来のように銀や金を使用していないので、 環境にやさしく、人体 に影響がない。 さらに、これらをスプレーで吹き付けるなどの簡単 な作業で、長年にわたり抗菌、消臭および防カビの効果を得 ることができる。 バインダー を必要としないで強固に基材に固定されているため、洗濯などによっても剥がれることも なく、効 果が維持される。

 

光の照射を必要とせず、暗室でも効果を発揮することができる。


ダウンロード
特許公報.pdf
PDFファイル 127.9 KB

エコキメラプレミアム会員

2019年6月株式会社YOOコーポレーションとプレミアム会員登録

無光触媒は特許権と商標登録で守られています。

無光触媒リン酸チタニア消臭・抗菌・ウイルス対策

太陽光(紫外線)照射によって効果を発揮する光触媒酸化チタンを出発原料とし、それをリン酸と反応させたことで、光を全く必要としない、暗所においても抗菌・消臭・防汚などの効果を発揮する画期的な無光触媒、それがリン酸チタニアです。

 

☀光触媒酸化チタンをリン酸と反応させたリン酸チタニア系触媒

 燐酸、チタン酸、珪酸からなる無機酸(ミネラル酸)オリゴーマの縮合体被膜

●「エコメラ」の商標で株式会社YOOコーポレーションが製造・開発

●完全無機質膜で構造的にはアモルファス

●無色、透明、高硬度(鉛筆硬度8H)、イオン電導性

●消臭・抗菌・ウイルス効果は年単位で持続、一過性ではなく分解能力あり

●多くの特許を取得

●特許番号3829640号及び4404275号

 株式会社YOOコーポレーションと大阪市(地方独立行政法人大阪産業技術研究所)との共有特許

●人・環境にやさしく、安全性の高い商品です。


チタン化合物が生地の凹凸へ物理結合や基材表面の親水基と化学結合し固着します。

固着後、水分の蒸発に伴いチタン化合物が脱水結合を起こし、非常に強固な多孔質の無機ポリマーの薄膜を形成。

 

形成された※1メソポーラスの高機能多孔体組織は活性炭と同様の比表面積を持ち、高い吸着性能を有します。

 

それと同時に被膜表面に空気中水分のイオン化によるOH-(水酸化イオン)が形成されOHラジカル※2となり、吸着された臭気成分の分解、菌の増殖阻止等の効果を持続的に行います。

 

イオンは酸素と乖離して生じるので不安定な状態にあります。

 

その為、細菌の酸素と化学結合し安定しようとするので、細菌の核に浸透し分裂を阻止します。

 

これにより、細菌は細胞分裂が出来ず、タンパク合成の阻害を起こし、死滅すると考えられます。

 

※1)
1nm〜10nmの大きさの孔を多数持つリン酸チタニア化合物

多孔質は体積の割に広い表面積を持つ為、多くの物質を吸着する性質があります。

 

※2)
空気中の菌やアレル物質に含まれる水素を抜き取るという性質を持っています。

数が多ければ多い程除菌効果が期待できます。

 

■消臭・分解効果
ホルムアルデヒド・揮発性有機化合物等のシックハウスの原因物質や硫化素・アセドアルデヒド等を分解し、消臭を実現します。


YOOコーポレーション保有データー

YOOコーポレーション 安全性 保有データー

消臭・抗菌コーティング

ニオイや菌がついてから行う事後処理ではなく、コーティングすることにより消臭・抗菌・ウイルス対策として期待が持てます。

長期間の効果持続性

無光触媒エアピカ24の効果は、一過性でなく効果が持続されます。


お肌や環境に優しい成分

薬品等による強制的な殺菌や消臭ではなく、肌や環境にも優しい安全性が確認されたリン酸チタニアが主成分です。

様々な生活シーンで活躍

長期間にわたっての持続性、またお肌や環境にも安心なことから、様々なところでご使用いただけます。

 



☆天井・壁・備品(家具)・制服・衣類(繊維製品)・お子様の遊具(ぬいぐるみ) ・マスク・スマホケース等

☆病院・介護施設・マンション・アパート・幼稚園・保育所・ホテル・旅館・車・バス・列車・スポーツジム・公共施設


無光触媒「リン酸チタニア」は、 細かい粒子同士の脱水縮合により基材に高密着し、 硬い皮膜を形成します。
消臭.抗菌は「表面接触活性」によりそれぞれの効果を発揮します。
「リン酸チタニア」は10ナノ前後の細かい粒子のため、 水に分散し、商品は白濁・沈殿・変色等の無い透明液のため、 窓ガラス等の透明性が保たれます。

 

素材に噴霧することによって、リン酸チタニア化合物が塗布面(素材)の凸凹への物理結合や基材表面の親水基(OH基)と化学結合し、更に、固着したリン酸チタニア化合物の上に、水分の蒸発に伴いリン酸チタニア化合物が脱水縮合

を起こし非常に強固な多孔質の無機ポリマーの薄膜(厚み0.05㎛~0.5㎛)を形成します。

 

第三者機関のバックデーター多数あります。詳細はお問合せ下さい。

 

株式会社YOOコーポレーション Ecokimera MEMBERS 株式会社アレス No.002

エアピカ24消臭・抗菌はエコキメラSRW-30のOEM製品です。